さて、先ほどのページで取り上げたように、いわゆる『情報』の価値は私達一人一人にとってとても高いものであり、少なからず人はそこから影響を受ける、ということが分かります。それは、悪く言えば『流されやすい』とも意訳することができるかもしれませんが、それは今回は少し置いて置くことにします。そのように影響されやすいということは、それを企業にとって良い方向に用いることができます。たとえば今まで用いられてきたマーケティング方法では、とても企業が個人のことを考えているとは言えない、一方的な手段が多く用いられてきたのも、事実です。それは多くの人に『伝える』ということに関しては高い効果を上げてきたかもしれませんが、そこから実際に顧客に『つなげる』ということに関しては無視されてきた部分も多いかもしれません。そして現代では、そういった方法だけでは通用しません。

そこで、自社の商品やサービスを、より自主的に、より良い形で関心、意欲を持ってもらうような手段が、会社が提供するウェブサイトなどの『メディア』であり、そういった形態を、『オウンドメディア』と言います。それは、単なる「広告」だけでは決して伝えられない拡張性を持っています。

Comments are closed.