現代では、いわゆる『メディア』に対する信頼度というものが非常に向上していると言えます。メディアと言っても単なるテレビ番組や新聞というものではなく、いわゆる『web上』で閲覧することのできる、メディアの数々です。それらは確実に高い汎用性を持っていますし、多くの人の『視界』から入ってくる情報ですので、影響を与えやすい、とも言えます。私達は、自分たちが取り入れる情報のほとんどを、「視界」に頼っている、と言えます。だからこそ、その仕組みを利用して、私達の目に訴える、という方法で、マーケティングが行われているのです。それは画像や動画などという分かりやすい形を取っていることもあれば、文章やそれを説明するしくみのような、少し小難しそうに思える形を取っていることもあります。そのためにオウンドメディアが最大限活用されるのであれば、それは企業における『信頼』や、『価値』、『売上』に繋がっていきます。

個人単位でみればこういった点に関してはほとんど考えないかもしれません。しかし、少しでもこういった点があるということだけでも理解しておくなら、今後における、自分のマーケティングを支えるような行動に関して、考える機会となるかもしれません。

Comments are closed.