本来は一本道で言った方が正しいと思える近道のようなものが、実は回り道を通って行った方が正しい道にたどり着けるということは珍しくありません。回り道をすることによって、たくさんのことが達成されて、それによって最終的に良い結果をもたらす、ということがあるのです。例えば、ユーザーに特定の情報について知ってもらうためには、やはりそれを知ってもらうということが重要かと思います。確かにそれは重要ですが、一つ大切なことが抜けています。それは、ユーザーが『長期にわたって』関心を持ってくれるか、ということ、また、逆にそれがイメージの低下につながってしまわないか、という点です。それはあくまで一方的なマーケティングですから、多くの人を引き付けるとは言い難いものかもしれません。

しかし、近年で行われている確実なマーケティングは、それらの問題を解決したものです。よりユーザー視点で行われるマーケティングは、決して強制的なものでも、一方的なものでもなく、ユーザー自身が自ら興味を持つことができるような、そんな仕組みが積極的に摂りいれられています。この動きは特に海外で強いですが、その一つが『オウンドメディア』に関する取り組みであると言えます。

Comments are closed.