メディアの位置は高く

メディアの位置は高く

管理人 No Comments

現代では、いわゆる『メディア』に対する信頼度というものが非常に向上していると言えます。メディアと言っても単なるテレビ番組や新聞というものではなく、いわゆる『web上』で閲覧することのできる、メディアの数々です。それらは確実に高い汎用性を持っていますし、多くの人の『視界』から入ってくる情報ですので、影響を与えやすい、とも言えます。私達は、自分たちが取り入れる情報のほとんどを、「視界」に頼っている、と言えます。だからこそ、その仕組みを利用して、私達の目に訴える、という方法で、マーケティングが行われているのです。それは画像や動画などという分かりやすい形を取っていることもあれば、文章やそれを説明するしくみのような、少し小難しそうに思える形を取っていることもあります。そのためにオウンドメディアが最大限活用されるのであれば、それは企業における『信頼』や、『価値』、『売上』に繋がっていきます。

個人単位でみればこういった点に関してはほとんど考えないかもしれません。しかし、少しでもこういった点があるということだけでも理解しておくなら、今後における、自分のマーケティングを支えるような行動に関して、考える機会となるかもしれません。

「回り道」が必要?

管理人 No Comments

本来は一本道で言った方が正しいと思える近道のようなものが、実は回り道を通って行った方が正しい道にたどり着けるということは珍しくありません。回り道をすることによって、たくさんのことが達成されて、それによって最終的に良い結果をもたらす、ということがあるのです。例えば、ユーザーに特定の情報について知ってもらうためには、やはりそれを知ってもらうということが重要かと思います。確かにそれは重要ですが、一つ大切なことが抜けています。それは、ユーザーが『長期にわたって』関心を持ってくれるか、ということ、また、逆にそれがイメージの低下につながってしまわないか、という点です。それはあくまで一方的なマーケティングですから、多くの人を引き付けるとは言い難いものかもしれません。

しかし、近年で行われている確実なマーケティングは、それらの問題を解決したものです。よりユーザー視点で行われるマーケティングは、決して強制的なものでも、一方的なものでもなく、ユーザー自身が自ら興味を持つことができるような、そんな仕組みが積極的に摂りいれられています。この動きは特に海外で強いですが、その一つが『オウンドメディア』に関する取り組みであると言えます。

一人ひとりに向けたものを

管理人 No Comments

さて、先ほどのページで取り上げたように、いわゆる『情報』の価値は私達一人一人にとってとても高いものであり、少なからず人はそこから影響を受ける、ということが分かります。それは、悪く言えば『流されやすい』とも意訳することができるかもしれませんが、それは今回は少し置いて置くことにします。そのように影響されやすいということは、それを企業にとって良い方向に用いることができます。たとえば今まで用いられてきたマーケティング方法では、とても企業が個人のことを考えているとは言えない、一方的な手段が多く用いられてきたのも、事実です。それは多くの人に『伝える』ということに関しては高い効果を上げてきたかもしれませんが、そこから実際に顧客に『つなげる』ということに関しては無視されてきた部分も多いかもしれません。そして現代では、そういった方法だけでは通用しません。

そこで、自社の商品やサービスを、より自主的に、より良い形で関心、意欲を持ってもらうような手段が、会社が提供するウェブサイトなどの『メディア』であり、そういった形態を、『オウンドメディア』と言います。それは、単なる「広告」だけでは決して伝えられない拡張性を持っています。

オウンドメディアを取り入れること

管理人 No Comments

人々が何を見て、なにを聞いているか…それは昔と今では、180度異なっているといえます。そして人々が見るものへの、関心に対する『推移』というものも、非常に速くなっている、と言えます。今では誰もが、様々な『媒体』から情報を得て、その情報をあたかも自分が発信したものであるかのように、(良い意味で)拡散することができるようになっています。それが良いことであるかどうかは置いておき、やはり人々がそういったメディアから受ける影響というものが、非常に強いということを、現代の社会が実際に示しています。そして誰もが、その強い影響力に、気づいていないという点も面白い点かもしれません。さて、人々が様々なメディアから影響を受けやすいということは、それを上手に販促行為などに活用できないか、という動きが強まっています。いえ、すでにそれが主流になっている、とも言えます。人々が見る映像や音楽、また多くの人が用いているブログやSNS…それらは、いわゆる誰もが用いている『メディア』と言えますが、そういったものを企業における手段の一つとして用いること、それが『オウンドメディア』であると言えます。

オウンドメディアは、『owned media』と記述しますが、まさに自社の商品やサービスをさらに広めて、それらや企業そのものへの高い評価を招くために用いられるものが、オウンドメディアです。では、実際にそのオウンドメディアを用いることには、どのようなメリットがあるのでしょう。